Product
 

成分解説

SC(ヒト脂肪細胞順化培養液エキス)


ヒト脂肪細胞由来の幹細胞から抽出されたエキスでおよそ150種類の成長因子やフィブロネクチン、コラーゲンを含むといわれています。

タンパク質で肌に優しいとされています。

水溶性であるため、ナノ化リポソーム化しないと肌からは浸透しません。

SCF(幹細胞因子)


SCFは幹細胞の生存、増殖、移動を調節する成長因子。

SCFは前駆細胞、毛母細胞の分化を促進させ、毛髪の成長を促進、色素の幹細胞を増加させ、白髪を黒髪に還元するなどの働きがあります。

KGF(毛母細胞増殖因子)


毛母細胞増殖因子で、毛髪成長に優れる他、上皮細胞の増殖を促進する働きがあり、その点においてはEGFと同等とみられています。

馬プラセンタ(ホースプラセンタ)


豚由来のプラセンターにくらべ、平均3倍ものアミノ酸量を誇り、なおかつ11種類もの天然GF成分を含むことで知られていると同時に、

一頭の馬から3キロしか取れない貴重で高価なプラセンターです。

FGF(酸性繊維芽細胞成長因子)


FGFは、皮膚の真皮層にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を合成する細胞である繊維芽細胞を増殖させる因子で、コラーゲンとエラスチン合成を通じた皮膚弾力増強や毛髪成長促進、および毛髪脱色防止に用いられます。


IGF (インスリン類似成長因子)


インスリンとの構造的な類似性があり、2種類のIGFが存在します。

IGF 1(ヒトオリゴペプチド2)は70個のアミノ酸で構成されて、分子内に3個の二黄化結合を持っている構造的にインスリンと類似なたんぱく質です。

IGF 1はSOMATOMADIN Cと呼ばれる脂肪細胞、軟骨細胞、上皮細胞、繊維芽細胞、神経細胞、肝細胞、筋肉細胞、骨芽細胞等多様な細胞の成長と増殖に重要な役割を果たしています。

IGF 1は骨細胞からコラーゲンの合成を促進することで知られていて、コラーゲンの破壊による軟骨怪事を防止する機能があり、傷治療に重要な役割を果たしています。

IGF 2(ヒトポリペプチド31)はIGF1受容体α結合して、多様な組織の細胞分裂を促進させます。

IGF2の主な機能は、損傷された細胞の再生、脂肪分解、骨および筋肉、神経組織形成です。
また皮膚の老化遅延及び細胞の再生誘導を通じての「エイジングケア」や毛髪を休止期から成長期状態に変換させて「毛髪促進」等もあります。



EGF(上皮細胞成長因子)


EGFは53個のアミノ酸として構成されて3個の分子内に二黄化結合をもつ小さいたんぱく質で、細胞表面に存在します。EGF水溶体と結合して細胞の成長分裂を調整する重要な機能を果たす成長因子の中のひとつです。

各種機関から多様な細胞分裂を促進するだけではなく、傷の部位に適用した場合、回復の速度を早くすることで知られています。

医療の現場では火傷の治療にも使用され、火傷治療剤SILVADENEを単独で使用した時よりEGFを一緒に使用したときのほうがより効果があるとでました。

皮膚細胞の成長促進および傷の治療中には細胞のケラチンの量が増加しますが細胞培養のときにEGFを添加するとケラチンの合成が増加することで知られています。

またそれらケラチンの増加に伴いターンオーバーが促進され、メラニンもまた排泄されるため肌を白くすることでも知られています。

ページトップへ